• 自動車ディーラーの方々を通じて、お客さまに保険商品や 事故削減のソリューションを提供する営業です

    現在の仕事内容は、損害保険(主に自動車保険)の営業をしています。個人のお客様に直接営業するのではなく、ディーラーの方々(代理店)を通じて、商品をお届けする間接営業をしています。そのため、担当ディーラーを訪問し、自動車を売ったタイミングで当社の損害保険を一緒にご案内頂けるよう様々な提案をします。ゴルフをお好きなディーラーの方々も多く、ゴルフの話で盛り上がったり、一緒にラウンドすることもあります。

入社を決めた理由は、輝いている人が圧倒的に多く、 一緒に働いてみたい、と思えたんです

15人近くにOB・OG訪問した中で、「一緒に働きたい!」と思える社員の方々が多くいたからです。1人目の方がすごく輝いていらして興味をもったところ、運良く、多くの社員を紹介していただけました。様々な企業の方にもお会いしましたが、今の会社が輝いている人が圧倒的に多く、この人とも、この人とも一緒に働いてみたい、と思えたんです。 また、競技ゴルフが続けられる環境であったのも入社の決め手になりました。

アスリート時代に仕事選びで大変だったことは、就職活動と競技活動を両立させること

体育会でゴルフをやっていたと言ってマイナス評価になることはありませんでしたが、就職活動と競技活動の両立はとても大変でした。最後の大会は 団体戦で、全員で一致団結して臨まなければはならないのですが、「就職活動をしっかりするべき」という派閥と、「競技に集中するべきという」派閥が分 かれてしまう状態。そんなストレスフルな環境の中で、就職活動とゴルフ競技を続けていました。

アスリート専門のエージェントがあることで、就職するアスリートもプライドを持って働ける

アスリート専門のエージェントがあることを最初は知らず、紹介をされて初めて知りました。私を含め、スポーツ続けてきた人は、それを誇りに思って きた人がほとんどだと思います。スポーツ経験を重視してくれる企業とマッチすることができれば、就職するアスリートもプライドを持って働けるの で、すごく良いサービスだなと思いますね。

アスリート選手が仕事選び(第二の人生)で大事だと思うポイントは、「同じ目標を追いたい」と思える仲間がいることです

私がスポーツを続けることができた理由は、ひとりではなく、「一緒にこの目標を達成したい」と思える仲間がいたから。ゴルフは個人競技ですが、大学としては団体戦が主軸だったので、「周りも頑張っているから私も頑張ろう」というモチベーションが大きかったんです。周りのために頑張るというのが私の原動力やモチベーションとなっているので、「一緒に働きたい」と思える人がいる会社を選びました。また、スポーツが好きで続けたいという人にとっては、競技でも趣味でも、スポーツを続けられる環境があるかどうかを重視することも大事だと思います。

  • これからお仕事探しを考えている人へのメッセージ

    私の場合、スポーツで学んだ「ミスに向き合う力」と「忍耐力」、「協調性」が今の仕事でも活きているように感じます。誰しもが必ず、スポーツで学んだ力を活かせるお仕事があるはずです。職場環境、人間関係に重点を置き、「ここで、この人たちと働きたい」という直感を大事にしていただければと思います。アスリート専門の「プロフェッショナルワン」であれば、それぞれがスポーツで身につけた力を最大限に活かせる場を見つけることができると思います。

    • 「同じ目標を追いたい」と思える 仲間がいることです

      三井住友海上火災保険株式会社 (損害保険業)

      2016年入社

      森川 美沙さん

    • 仕事選び(第二の人生)で大事な事は、 将来の長期ビジョンを持つこと

      株式会社TREASURY(IT・DXコンサル)

      2021年

      小林 太志さん